プログラム概要

ベンチャー経営論 - 後期

授業の概要・目的

この授業では、ベンチャー企業の理論と実戦的なケースについて学習することを通じて、ベンチャー経営に必要な幅広い知識を身につけることが出来ます。
講義は、実際にベンチャー企業の経営を行った経験と豊富な教歴を兼ね備えた教員によって行われるため、受講生の興味に応じて、より発展的な内容にも対応しますので、より意欲的な学生の参加を期待します。
ベンチャー企業の経営は、企業活動の最も先端的な形なので、実際に起業しない学生でも将来役立つ内容になります。

到達目標

ベンチャー起業を創業し、会社を作り、育て、上場させることを想定し、それぞれの場面で必要となる知識をカバーする。また、これを軸として必要な企業経営に全般に必要な知識を習得し、ファイナンス、ビジネスモデル、経営戦略、組織、コーポレート・ガバナンスなど幅広い知識を横断的に身につける。

日程、担当講師(2018年度)

決まり次第発表します。

本セミナーは、文部科学省補助事業「平成30年度次世代アントレプレナー育成事業(EDGE-NEXT):EARTH on EDGE」 により実施するものです。

アーカイブ

2017年度プログラム概要